エイプリルフール

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、
いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。

今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを思い付いた。
嘘をつきながら喋る。

そしてそれを皆で聞いて酒の肴にする。
くだらないゲームだ。

だけど、そのくだらなさが良かった。

トップバッターは僕で、この夏ナンパした女が妊娠して実は今、
一児の父なんだ、という話をした。

初めて知ったのだが、嘘をついてみろ、と言われた場合、
人は100%の嘘をつくことはできない。

僕の場合、夏にナンパはしてないけど当時の彼女は妊娠したし、
一児の父ではないけれど、背中に水子は背負っている。

どいつがどんな嘘をついているかは、なかなか見抜けない。
見抜けないからこそ、楽しい。

そうやって順繰りに嘘は進み、最後の奴にバトンが回った。
そいつは、ちびり、とビールを舐めると申し訳なさそうにこう言った。

「俺はみんなみたいに器用に嘘はつけないから、ひとつ、作り話をするよ」

「なんだよそれ。趣旨と違うじゃねえか」
「まあいいから聞けよ。退屈はさせないからさ」

そう言って姿勢を正した彼は、では、と呟いて話を始めた。
僕は朝起きて気付くと、何もない白い部屋にいた。

どうしてそこにいるのか、どうやってそこまで来たのかは全く覚えていない。
ただ、目を覚ましてみたら僕はそこにいた。

しばらく呆然としながら状況を把握できないままでいたんだけど、
急に天井のあたりから声が響いた。

古いスピーカーだったんだろうね、ノイズがかった変な声だった。
声はこう言った。

『これから進む道は人生の道であり人間の業を歩む道。選択と苦悶と決断のみを与える。
歩く道は多くしてひとつ、決して矛盾を歩むことなく』

って。で、そこで初めて気付いたんだけど僕の背中の側にはドアがあったんだ
横に赤いべったりした文字で

『進め』
って書いてあった。

『3つ与えます。
ひとつ。右手のテレビを壊すこと。
ふたつ。左手の人を殺すこと。
みっつ。あなたが死ぬこと。
ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり彼らは死にます。
ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。
みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

めちゃくちゃだよ。どれを選んでもあまりに救いがないじゃないか。

馬鹿らしい話だよ。でもその状況を馬鹿らしいなんて思うことはできなかった。
それどころか僕は恐怖でガタガタと震えた。

それくらいあそこの雰囲気は異様で、有無を言わせないものがあった。
そして僕は考えた。

どこかの見知らぬ多数の命か、すぐそばの見知らぬ一つの命か、
一番近くのよく知る命か。進まなければ確実に死ぬ。

それは『みっつめ』の選択になるんだろうか。嫌だ。
何も分からないまま死にたくはない。

一つの命か多くの命か?そんなものは、比べるまでもない。
寝袋の脇には、大振りの鉈があった。

僕は静かに鉈を手に取ると、ゆっくり振り上げ
動かない芋虫のような寝袋に向かって鉈を振り下ろした。

ぐちゃ。鈍い音が、感覚が、伝わる。
次のドアが開いた気配はない。もう一度鉈を振るう。
ぐちゃ。顔の見えない匿名性が罪悪感を麻痺させる。

もう一度鉈を振り上げたところで、かちゃり、と音がしてドアが開いた。

右手のテレビの画面からは、
色のない瞳をした餓鬼がぎょろりとした眼でこちらを覗き返していた。

次の部屋に入ると、右手には客船の模型、左手には同じように寝袋があった。
床にはやはり紙がおちてて、そこにはこうあった。

『3つ与えます。
ひとつ。右手の客船を壊すこと。
ふたつ。左手の寝袋を燃やすこと。
みっつ。あなたが死ぬこと。
ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり客船の乗客は死にます。
ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。
みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

客船はただの模型だった。
普通に考えれば、これを壊したら人が死ぬなんてあり得ない。

けどその時、その紙に書いてあることは絶対に本当なんだと思った。
理由なんてないよ。ただそう思ったんだ。

僕は、寝袋の脇にあった灯油を空になるまでふりかけて、
用意されてあったマッチを擦って灯油へ放った。

ぼっ、という音がして寝袋はたちまち炎に包まれたよ。
僕は客船の前に立ち、模型をぼうっと眺めながら、鍵が開くのをまった。

2分くらい経った時かな、もう時間感覚なんかはなかったけど、
人の死ぬ時間だからね 。たぶん2分くらいだろう。

かちゃ、という音がして次のドアが開いた。
左手の方がどうなっているのか、確認はしなかったし、したくなかった。

次の部屋に入ると、今度は右手に地球儀があり、左手にはまた寝袋があった。
僕は足早に紙切れを拾うと、そこにはこうあった。

『3つ与えます。
ひとつ。右手の地球儀を壊すこと。
ふたつ。左手の寝袋を撃ち抜くこと。
みっつ。あなたが死ぬこと。
ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり世界のどこかに核が落ちます。
ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。
みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

思考や感情は、もはや完全に麻痺していた。
僕は半ば機械的に寝袋脇の拳銃を拾い撃鉄を起こすと、
すぐさま人差し指に力を込めた。
ぱん、と乾いた音がした。ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん。

リボルバー式の拳銃は6発で空になった。初めて扱った拳銃は、
コンビニで買い物をするよりも手軽だったよ。

ドアに向かうと、鍵は既に開いていた。何発目で寝袋が死んだのかは知りたくもなかった。
最後の部屋は何もない部屋だった。

思わず僕はえっ、と声を洩らしたけど、
ここは出口なのかもしれないと思うと少し安堵した。やっと出られる。そう思ってね。

すると再び頭の上から声が聞こえた

『最後の問い。3人の人間とそれを除いた全世界の人間。そして、君。
殺すとしたら、何を選ぶ』

僕は何も考えることなく、黙って今来た道を指差した。
するとまた、頭の上から声がした。

『おめでとう。君は矛盾なく道を選ぶことができた。
人生とは選択の連続であり、匿名の幸福の裏には匿名の不幸があり、
匿名の生のために匿名の死がある。ひとつの命は地球よりも重くない。
君はそれを証明した。しかしそれは決して命の重さを否定することではない。
最後に、ひとつひとつの命がどれだけ重いのかを感じてもらう。
出口は開いた。おめでとう。おめでとう。』

僕はぼうっとその声を聞いて、安心したような、虚脱したような感じを受けた。
とにかく全身から一気に力が抜けて、フラフラになりながら最後のドアを開けた。

光の降り注ぐ眩しい部屋、目がくらみながら進むと、足にコツンと何かが当たった。

三つの遺影があった。父と、母と、弟の遺影が。これで、おしまい。

彼の話が終わった時、僕らは唾も飲み込めないくらい緊張していた。
こいつのこの話は何なんだろう。得も言われぬ迫力は何なんだろう。

そこにいる誰もが、ぬらりとした気味の悪い感覚に囚われた。
僕は、ビールをグっと飲み干すと、勢いをつけてこう言った。

「……んな気味の悪い話はやめろよ!楽しく嘘の話をしよーぜ!
ほら、お前もやっぱり何か嘘ついてみろよ!」

そういうと彼は、口角を釣り上げただけの不気味な笑みを見せた。
その表情に、体の底から身震いするような恐怖を覚えた。

そして、口を開いた

「もう、ついたよ」
「え?」

孤独で無情の彼方

毎日の始まりは痛みと涙、
孤独で無情の彼方

今いるこの場所は場違いで一人遊び
それなら笑っているだけでやり過ごせるはずさ

夜を越えてゆけ

今に言葉も何もなくなって暴走メタルが!
今にこの身も何もなくなって汚れた心が!

望みのままに燃え上がるまで…

昨日を今に置き換えても
あの唄は時代の涙

汚れたままで振り返ればこの道は矛盾と愛
今あるものは落ちていくだけの代物
それなら踊っているだけでやり過ごせるはず

時を超える夢

今に言葉も何もなくなって暴走メタルが!
今にこの身も何もなくなって汚れた心が!

望みのままに燃え上がるまで…

わからないまま立ち尽くす
朝焼けタバコふかしながら見上げてた
今に言葉も何もなくなって汚れたこの身が

夢を超えた夢

くたびれたままの夜明けを投げ捨てて
今に言葉も何もなくなって狂えるヘビーメタルが
今にくたびれ尽くした俺のこの歌が

悲しみの果てに燃え上がるまで…

機種変した~♪

携帯はdocomoとSoftBankの2台持ちなんだけど去年のクリスマスイブに機種変してきた。
softbankはiPhone5sからiPhone7ヘッド不フォン端子が本体からなくなってスッキリしたけど本体についてないから使いにくいったらないね。
docomoはXperiaZXに機種変したコレもテレビのアンテナが外付け~まぁテレビも見ないからいいけど、最近なんでも外付けにして使いにくくなってる気がする。

~鍵~

2005-10-24の記事

今日仕事に行って鍵をなくしました。
いつも右のポケットに入ってる鍵、一人暮らしをしているアパートの鍵。
これが無くなると部屋に入れない。
気づいたのが帰り、渋谷から1時間かけて帰ってきた家の近くのコンビニ。
時刻は23:34だった。
何となくポケットに手を入れたらいつもあるはずの鍵の感触が無い。
あれ?と思って鞄の中とすべてのポケットの中身を出して探したが無い。
・・・・どうしよう?
考える暇があったら行動しようと思い
もうやってるわけ無いけど管理会社に行って見ることにした。
そのコンビニからそんなに遠くないところに管理会社はあった。
このアパートに住んで7年目になるが鍵を無くしたのは2度目。
以前無くしたときはコンビニの深夜働いていたときだから帰ったのが朝だった。部屋が横に並んでいてベランダが都合良くつながっていて、部屋毎に仕切で仕切られている構造だったので隣の住人に入れてもらいベランダをつたい、部屋に入ろう。
夏だったので窓は鍵をかけず換気のために少し開けていたのだ。
そう思って朝6:30隣の住人の呼び鈴を鳴らした。
今はどうやら違う人が住んでるらしいが、その頃の隣の住人は
朝6:00頃に仕事に出て夜22:00頃に帰ってきて居たのを今でも覚えているが、過去に一度鍵を無くしたそのころはまだ知らず、何度も呼び鈴を鳴らした。
が出るわけがない。居ないのだから。。
仕方なく諦めようと思ったが隣の隣からベランダの仕切を2つ越えればいい。
そう思ってまたその隣の呼び鈴を鳴らした。
「はい、どちら様ですか?」
女の声だ!朝早くさんざん隣の呼び鈴を鳴らしていた者が
自分のところにも来たんだ!どうしよう?
そんな声色だった。
私はなんて言言えばいいのか思いつかず何秒か無言だったがあまり無言が続くと怪しい人と思われる!そう思い声をだした。
「隣の隣のものですが~」
何ともおかしな名乗り方であるが、焦っていたのでそんな言葉しか思いつかなかった。
警戒しているその隣の隣の女の住人はすぐには扉を開けてはくれなかった。
「鍵を無くしてしまったのでベランダを渡らせてください。」
おかしな話だ!
ちょっと待ってください。そう言って女は扉の奥に言ったらしい。
そうするとガタガタゴトゴト音がしていた。
おそらく部屋をかたづけているのだろう。
30分夏だったので私は汗でびしょぬれだった。
「はいいいですよ」
ドアががあいたのはそれから30分後だった。
なるべく部屋を見ないようにしてベランダに急ぎ
仕切を一つ越えた。人が越えられないように作られたそれを越えるのは困難でしかも下に落ちたら大けがだ!
思っていたより怖かった。これをもう一つ越えるのか・・・
と思いながらもう一つも無事越え私は自分の家に入ることができた。

そんなことを思い出しながら管理会社へと歩いていた。
こんな時間にやっている訳のない管理会社。
結局またベランダ越えをやる羽目になるんだろうなぁ
しかも今度は夜。
明るい朝でもあんなに困難で怖い思いをしたのに、
闇の中また怖い重いをするんだろうなぁと思うと憂鬱だった。

しかし管理会社につくとどうだろう?
明るい!こんな時間にやっているのか?
しかしやはり扉は閉まっている!
携帯で管理会社に電話してみよう!

そう思って私は管理会社に電話をした。
出るわけないか~そう思ってベランダ越えを覚悟した時
「はい○○産業です」
管理会社が出たのである。
聞くと今日はたまたま仕事が残っていたらしくこんな時間に
居たらしい。
助かった!
俺は鍵を借りて部屋に無事帰ることが出来た。
鍵を借りるとき管理会社の人が言った

「運が良かったねぇ~」

‥‥
俺は何も言わずこう思った。

息の出来ないゾーン

珍しく用事もないのに渋谷に出かけました。
すると亀らしき顔が猫で背中に甲羅のついた亀っぽい生き物が、心ない人々にいじめられていました。

私は「まぁそのくらいにしてやれ」とその亀らしき生き物を助けてあげました。
するとどうでしょう?その奇妙な生き物は竜宮城らしきところに連れて行ってくれると言うではありませんか!!

早速その奇妙な生き物と海へ
海へ潜ってからその奇妙な生き物が言いました。
「海では息の出来るゾーンと出来ないゾーンがございます。息の出来ないゾーンでは息を止めておいてくださいね。」とのこと。

海イメージ図
******************************
浅い
―――――――――――
息の出来ないゾーン
―――――――――――
息の出来るゾーン
―――――――――――
息の出来ないゾーン
―――――――――――
息の出来るゾーン
―――――――――――
息の出来ないゾーン
―――――――――――
深い
******************************

海では上記図のように息の出来るゾーンと出来ないゾーンが交互にあると言うのです。
私は息の出来ないゾーンでは必死で息を止めていました。
最後の息の出来ないゾーンがとても長く苦しかったです。

しばらくそれを繰り返しやっと竜宮城らしきところへつきました。
しかし、今はシーズンオフと言うことで宴はやっていないとのことで、おとひめらしき女が、お礼におみやげをあげましょうと言いながら、
黒猫を2匹持ってきました。

大きな黒猫と小さな黒猫。
どちらが良いですか?
と言うので、私は小さい方を選ぶのがお約束だろうと思い、小さい黒猫を頂きました。

するとおとひめらしき女が、
「けして黒猫を開けないでください。」
と意味のわからない事をいうので無視し、
またその猫の顔をした亀らしき生き物の背中に乗って帰りました。
「黒猫を開けるってなによ?」
と思ってまた息を止めながら考えていると、
「ははーんこれは夢だな!」
気づいた瞬間目が覚めました。

嗚呼
変な夢だった~

飲むヨーグルト

飲むヨーグルトって何ですかね?
どんなヨーグルトも最後には飲むじゃないですか

飲まないヨーグルトとか有るんですかね?
どうせなら見るヨーグルトとかでないですかねぇ?
見るだけだとヨーグルトかどうかもわからないですね。

さわるヨーグルトとかはどうですかね?
なんかやらしい感じがしますね…
出るヨーグルトとか…

何言ってんだ俺。

コンビニのレジ

※図1
レジ2 | レジ1
―――――――――
      ○←ここで会計してる人

     ↑○←ここに並んでる俺
     ↑○←ここに並んでる人
     ↑○←ここに並んでる人
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
コンビニのレジが混んでいて図1の様な状況になることが多々ございますが、
レジ2の店員が来てこういいます。

「2番目にお待ちの方どうぞ~」

私はいつも「はぁ?」と思いますが
店員が言うんだからしょうがない
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
※図2
レジ2 | レジ1
―――――――――
      ○←ここで会計してる人

     ↑○←1番目にお待ちの俺
     ↑○←2番目にお待ちの人
     ↑○←3番目にお待ちの人
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
そう、図2を見ての通り2番目に並んでるのは俺の後ろの奴だw
なのに!俺は正直にそのままその場で並んでいるだけなのに
後ろの奴が俺を不思議そうなカオで見てくる!

いやいやお前だろ!俺が思うに確かにお前が2番目だ!

俺は「2番目」と言った店員となかなかレジ2に行かない2番目に並んでる奴を
ば~かと思いながら結局前の奴が終わるまで待っていました~

俺間違ってないじゃんかぁ~
ってか店員2番目にお待ちの方なんて言わずに
普通に「次にお待ちの方」って言えば良いのに
何で2番目なんだよ!ば~か
2番目に並んでる奴も普通に行けばいいのにば~か!
世の中の人ってみんな頭悪いんだな~って思います。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
※図3
レジ2 | レジ1
―――――――――
      ○←ここで会計してる人

     ↑○←1番目に並んでる人
     ↑○←2番目に並んでる俺
     ↑○←3番目に並んでる人
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
上記図3の状況もいつしかありまして
いつも通りレジ2のバカが
「2番目にお待ちの方どうぞ~」
と言うので俺が行こうとすると俺の前に並んでる奴が
憤怒の表情で俺を見る!え?俺間違ってるの?
ば~か
もうみんなば~か

異性

高校生の頃付き合っていた彼女に

「もし一日だけ異性になれるとしたら、異性になってまずはじめに何する?」

と聞かれ、

「オナニー!」

と即答し次の日ふられた事がありますが、くじけず今日もがんばって生きています。